ニュース&コラム
NEWS & COLUMN

「骨再生誘導材 東洋紡が供給」2018/04/05 日経産業新聞

まず歯のインプラント治療で
インプラント治療に顎の骨が足りな時従来は、骨の欠損部に粒状の人工骨や牛の骨を埋めていたが厚生労働省に医療機器として承認を申請して医療機器としての適用が認められているという点をアピールして拡販を狙う。と、している。

東洋紡は人工骨に代わる治療用材料「骨再生誘導材」をまずは骨の容積が小さい歯科向けに供給し、足や腕の骨など広く整形外科向けへの適用拡大を目指す…。